フィンランド人の英語力が高い理由はなぜ?教育面と生活面から考察!

フィンランドの母国語は主にフィンランド語・スウェーデン語ですが、ほとんどの方が英語を話せるようです。しかも英語能力指数ランキング(2022年)は第8位と、かなり高いレベルの英語力となっています。

北欧の国であるフィンランドで、なぜそんな高い英語力があるのか、主に生活面と教育面での理由があるようなんです。

フィンランドで暮らしている筆者が、フィンランド人の英語力が高い理由について書いてみましたので、興味のある方はどうぞご覧ください。

 

フィンランド人の英語力について

まずはフィンランド人の英語力について。

フィンランドは移民が多いところなので、おそらく英語を話し慣れているフィンランド人の方も多いと思われます 。

実際、60歳50歳ぐらいの方とかでも英語で話す人が多い印象です。

英語能力指数ランキング(2022年)第8位って、かなり高い英語力ですよね。

ですので、観光で訪れる場合は英語でほぼ問題なく過ごせますよ。

ではどうやってその英語力が身に付いてるのといったところについて、お話ししていきたいと思います。

理由は主に2つ、教育面と生活面とにあると思われます。

教育面と生活面、それぞれでの英語力が身につく理由についてお伝えします。

フィンランドで見た英語教育とは

ではまず、教育面からお話しさせていただきます。

僕は小学校の授業を見学する機会がありましたので、そこで見たり考えたことについてお話させていただきます。

小学校での英語教育

小学校では、3年生くらいから英語の授業が本格的に始まるような感じなのですが、1・2年生でも英語の授業がある学校もあるようです。

1・2年生の内容は、みんなで歌を歌うとか、先生が何かのカードを出してみんなでそれを使って説明するみたいな感じのものです。例えばムーミンが旅をするという設定で、英語で書かれた地図を使って話をすすめる、みたいな感じです。ただ、英語の授業中は英語を使うということを徹底しているようで、少なくとも50%くらいは英語を使っていたように感じました。

3・4年生くらいになると、英語の授業は会話は全て英語という感じになっているようです。

5年生は、留学生などが行くと結構積極的に話しかけてくれる子どもたちが多くて、その中には英語ペラペラの子もいましたし、英語はあまり話せないけど興味を持って英語を交えながら話してくれた子もいました。

教室には人をダメにするクッションみたいなのがたくさん置いてあり、そこに座って勉強するという感じのスタイル。そこでは、How are you? Im fine thank you.みたいな堅苦しい感じではなくて、日常的な英語が使われていたイメージがあります。

低学年の時は単語が多いイメージです。やはり単語で慣れていくという授業が多かったのですが、3年生4年生になると文法も取り入れて、それに内容をはめてて話していくといった授業もありました。

5年生となると、もう充分に話せている子もいるので、英語で調べてプレゼンテーションをしようといった発展的な授業までありました。

中学校での英語教育

中学校になると僕よりも上手い英語をしゃべる生徒が大勢いました。

一度英語の授業を見させてもらったのですが、リーディングの授業だと思うのですが、使っているテキストがエマワトソンが言ったスピーチの内容が書かれているとかオバマ大統領のスピーチ演説の内容が書かれているとか、そういう感じの教科書でした。ほか のページを見せてもらっても、この人知ってる、これ知ってる、この歌知ってるとか、そういう感じの身近なものから取り入れていくという感じのスタイルでした。

さらにそのスタイルも、ただ読むだけではなくて、「読んだことについてどう思いますか?」といった感じで英語でディスカッションをするという、発展的な授業となっていました。

それは、日本では考えられないぐらいの会話量となっています。先生にもよると思いますが、僕が見たクラスでは先生もずっと英語で話していて、英語でなんて言うの?見たいな感じのレッスンでした。なので、フィンランド語を話さないような雰囲気が徹底されて いるのだと思いました。

このような感じのレベルの高い教育によって、フィンランド人の英語力は高いレベルにあるということだと思います。

フィンランドでの生活面での英語とは

英語の教育面が素晴らしいのですが、本当に大きいのが生活面だと思います。

日本では、例えばゲームとかアニメとかはほとんど日本のものなので日本語ですよね。

日本のゲームやアニメは世界中の人がたくさん見ています。また例えば「どうぶつの森」などもすごく流行り、いろんな国の人がやり始めましたよね。海外の人は英語版でプレイすることが多いと思いますが、日本では当然日本語ですよね。

そういうことでは、海外の人に比べてゲームを英語でやるといった機会は得られにくいと思います。

ゲームは英語で

フィンランドでは人口自体が600万人弱と少ないんです 。これは兵庫県の全体の人口と同じくらいの人数らしいのですが、人口自体が少ないので母語話者も少ないですよね。フィンランド語を話す人が世界の中では少ないので。マイナーな言語ということになり、わざわざマイナーな言語に変更されたゲームは作られないため、ゲームをするときにはほとんどの子達は英語ですることになります。

ゲームとかアニメとかを英語字幕で見たり、英語でやってるっていう事が多いので、ゲームするけど英語の学習にもなっているという感じになるんですね。なので、このゲームをしたいからこの単語なんだろうって調べるという感じで、上達していくらしいです。

ポケモンのゲームでもそうですが、日本のものをわざわざ英語でする人っていないですよね。もともと日本語のゲームなので。

それで僕も確かに、自分が小さい時から英語でゲームしていたら変わったかもしれなと思いました。それぐらいゲームというものが、遊ぶためだけではなく英語のためにもなっているというところに驚きました。

映画も英語で

日本で洋画を映画館でみようと思うと、だいたい吹き替えの方がちょっと多めに放映されていると思います。字幕の方がちょっと少ないという感じ。 フィンランドではその逆で、吹き替えがほとんどないんです。人口も少ないのにわざわざ作ることはないので、全部英語で見ればいいという感じなのかもしれません。

そういうこともあってフィンランド人の英語は、本当に小さい頃から上達しているのだと思います。さらに、そのフィンランド語の媒体が少ないということが、英語のポットキャストを聞いたり、英語のyoutube を見たりすることに繋がっていくという感じです。

まとめ

フィンランド人の英語力が高い理由について、僕なりの考えをまとまてお伝えしました。

教育面では小学校から実践的な英語の授業が行われていること。

生活面では、フィンランド語の媒体が少ないため、ゲームや映画は英語のままなので、それを楽しむために自然と英語を覚えていくということ。

少しでも参考になったら嬉しいんですけど 。

教育については日本も学ぶところがあると思いますので、日本の教育も頑張って欲しいですよね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました